副業で個人事業を始めたい方必見!準備内容を教えます!

仕事仕事

みなさんこんにちは。takatoです!最近は副業が解禁となり、会社員をしつつ個人でお金を稼いでいる方が多いかと思います。僕も会社員の枠だけにとらわれず個人事業主としてお金を稼ぎたいと考えています。そこで今回は会社員が副業で個人事業主になる際の準備内容を記事にまとめてみました。興味ある方は是非読んでみてください。

開業届の提出(必須ではない)

事業を初めたら開業届を税務署に提出します。といっても、開業届の提出は必須ではないそうです。提出しなくても個人事業主として活動することが出来ます。しかし開業届を提出した方が、「確定申告」の際にメリットがあります!

毎年年度末に行われる確定申告は、1月〜12月までの収支を計算して税金を納めるためのものです。確定申告には「青色」と「白色」の2種類があり、青色の方が節税という観点でお得なものとなっています。そして青色の確定申告を申し込むには開業届の提出が必須となっているのです。

青色の確定申告のメリットは、最大で65万円の控除を受けることが出来るという点です。税金の対象となる課税所得は、所得から控除を差し引いた残りの金額になります。例えば1年間で所得が100万円あったとしてその内80万円が経費となった場合、残りの20万円が課税所得となります。しかし税金対策として何十万の経費を生み出すのは困難です。そこで青色の確定申告を行い65万円の控除を受けることで、課税所得を減らすことができ税金対策になるのです。

個人で活動するからには税金対策も行いたいですよね。そのためにも開業届の提出を忘れずに行ってください。

 

個人事業主用の口座とカード作成

個人事業主になった場合、お金周りの管理も自分で行わなければいけません。わかりやすく管理するために、収支はプライベートと分けておきましょう。具体的には個人事業主用の銀行口座とクレジットカードを作ることがオススメです。銀行口座には個人の口座と法人の口座があります。法人の口座を作る義務はないため個人口座でも問題ないですが、自分なりに個人事業主用の口座を作った方が収入がわかりやすいです。クレジットカードにもビジネス用のカードがあります。ビジネス用のカードを作り、経費はそちらで出費してみてください。

事業内容によりますが、携帯やネット料金は経費に変えることが出来ます。ビジネスカードを作ったら、決済先のカード登録内容の変更を忘れずにしてくださいね。

確定申告ソフトを使用すると、収支の管理がとても楽になります。おすすめはfreeeです。

freeeは個人事業主や中小企業向けの会計ソフトで、銀行やクレジットカードを紐づけておくと自動で計算してくれます。スマホにも対応しているため、pcが開けない環境でも確認することができます。freeeの会員登録は上記から行ってください。

最後に

今回はお金周りに関する内容に偏りました。他にも必要なことがわかり次第追記していきたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント